ハッピーメール

4月の出会い系は大学の新入生の18歳女子とセックスするチャンス!

更新日:

4月の出会い系は大学の新入生女子大生が狙い目!

もう4月になり春本番ですね

大学に入学したばかりの女子大生たちが出会い系アプリに遊びに来ており、平日でも出会いやすくオススメです。

 

普段目にしないジャンルの掲示板を試しに見ていると、悩みを抱えている感じがした女性の文章に目が止まりました。彼氏に内緒でデートしたい感じの文章で、セフレってこと?と思いながらもメッセージとしては話しくらいならいつでも聞きますよ、と書いて送ってみました。期待をして待っていましたが、反応が無かったのでいつもの掲示板へ移ろうとしたギリギリの瞬間、思いもかけず返事が帰ってきました。少しだけ話しませんか?と彼女のメッセージに、よろしくと一言添えて答えました。

彼女は女子大生だったのですが、彼氏が自分に興味を持ってくれていないのではないかと心配していることを書いてきました。詳しく聞いてみると、週に何度も会っているし、週末は泊りがけで遊びに行っているようなので、普通のカップルに思えるけど?と感想を書きました。しばらく沈黙が続き、具体的には自分の体に…、と返事がきました。

調査員
あまり抱いてくれないの?

と聞いてみると、

女性
うん

と答えてきました。なんて返せばいいのか考えていると、

女性
それとも自分がエッチ過ぎるのかな?
と彼女から先に質問がきました。さらに返答に困っていると、
女性
会えば必ずしたくなるよね?
と続いて質問してきたので、
調査員
タイミングが悪かっただけだと思うよ
と答えるのが精いっぱいでした。

調査員
タイミングかぁ…それって寂しいよ

とメッセージが上がってきたので、

調査員
もちろん相手の気持ちに応えなきゃダメだけど…気分が乗らないときもあるんじゃないかな

と送ってみました。

女性
そういうもんなのかな…分からない

と書いてきたので、

調査員
じゃ毎日でもしたい?
と聞くと、
女性
毎日したいよ
と答えてきました。

 

1時間くらいそんなやり取りが続き、話を終わらそうとすると、

女性
また話したいな…
と書かれてあったので、LINEのアカウントを送っていつでも連絡していいよと添えて掲示板を出ました。

次の日、彼女から連絡が着ました。

女性
もし興味があるなら会いませんか?
とスマホにメッセージが出てきたので、女性の話相手が欲しかったし、彼女と関係を持てるかもしれないと思い会う約束をしました。待ち合わせ場所は、お互いに使っている乗り換え駅の渋谷で会うことにしました。待ち合わせ場所に立っていると
女性
「あの、●●さん?」
と声をかけてきた女性が目の前に現れました。

背は160cmくらいで、少し太目の可愛らしいタイプの女性でした。

調査員
「あ、初めまして」
と答えると、
女性
「よかった、ちゃんと来てくれて」
と笑顔で答えてくれ、自分にとっては結構タイプに思えました。
調査員
「お酒は飲める?」
と聞くと、
女性
「うん、けっこう強いと思うよ」
と返してきたので、近くの居酒屋へ入ることにしました。ちょうど奥の半個室風の席が空いていたので、そこへ通してもらいました。

お酒やおつまみを頼み終えてると、

女性
「内緒の話できそうだね」
と笑いながら言ってきました。しばらくは当たり障りのない話で盛り上がっていましたが、3杯目のお酒を飲んだ辺りから、掲示板の続きを話すようになりました。

調査員
「あのあと考えたんだけど、エッチ好きなの知ってて会っているんだから、しないのはダメだなと思った」
と僕が言うと、
女性
「でも、自分が好きだって言ってないから分かってないと思う」
と答えてきました。

 

調査員
「言うの、恥ずかしいかぁ」
と考えるように言うと、
女性
「恥ずかしいよ」
と頷いてきました。
女性
「でも、アナタには正直に言えるのは何でだろう」
と聞いてきたので、
調査員
「似た者同士だからかな」
と答えました。
女性
「エッチ好きなんだ
」と彼女の顔がニヤけてきたので、
調査員
「うん、1回2回じゃ終わらないと思う」
と言うと、
女性
「いいなぁ…いっぱいしてもらって」
と答えてきました。

 

そのまま女子大生をラブホへ誘う4月の出会い系は大学の新入生の18歳女子とセックスするチャンス!

お店を出た頃には既にエッチする気分でいたので、そのままホテルへ行きました。部屋へ入ると、

女性
「ねぇ、いつもどういう風にしているの?」
と聞いてきたので、
調査員
「やっぱりどれくらい興奮しているか知りたいから…」
と彼女の手を自分の股間へ押し当てて、
調査員
「反応を見てからどうするか決める」
と答えました。

彼女は夢中になって股間をイジった後、

女性
「こいうの…すごくいい」
としゃがみ込んでズボンとパンツを下ろしていきました。半立ちしたものを指でつまむと、おもむろに口にくわえ始めました。喉を鳴らすようにしゃぶられ見る見ると大きくなると、荒い息を立てて口から出して、
女性
「大きくなったよ」
と下から顔を覗かせて言ってきました。

彼女を立たせた後、キスをしながら椅子へ座らせて服の中へ手を入れて胸を揉むと、すぐに体を曲げて反応し始めました。ブラウスのボタンを外してながら、もう片方の手をスカートの中へ入れると、下着の上からでも濡れていることがすぐに分かりました。

調査員
「入れてほしいんじゃないの?」
と聞くと、
女性
「入れてほしい」
と頷いてきたので、
調査員
「自分でパンティ脱いで、お尻を向けて」
と言うと、彼女は言われるがままにパンティを脱ぎ、椅子にもたれ掛るようにお尻を突き出してきました。

 

 

 

大きな真っ白いお尻を両手で揉みながら、徐々に広げていくと彼女のものが丸見えとなりました。

調査員
「すごいエッチなカッコしているよ」
と言うと、
女性
「お願い…入れて」
とお尻を揺らしてきたので、硬くなったものをそのまま挿入しました。中はすごく温かくて気持ちが良かったので、一気に腰を動かして突きまくりました。
女性
「ああっ…いい」
と彼女は声を上げて悦んでいたので、最後まで力を抜くことなく攻めたてました。その後も体位を変えながら朝まで彼女を抱き続けました。

 

今でもセフレとしてお互がにエッチしたいときに会っています

4月の出会い系は大学の新入生の18歳女子とセックスするチャンス!

-ハッピーメール
-, , , , ,

Copyright© 出会い系サイト攻略オフパコ体験談 , 2019 All Rights Reserved.