出会い系サイト攻略

出会い系のプロフに書くだけで女性からのメールが増えるコトバとは?

更新日:

出会い系アプリのおかげで出会いのハードルはかなり低くなった

出会い系のハードル

出会い系アプリやマッチングアプリ、恋活アプリが出来てからというもの

出会い系サイトにはセフレ探しの女の子しかいないのでは?!と思っているくらい、最近出会い系サイトでは戦歴がよろしい!

中でも巨乳美容師の亜美ちゃんとの出会いは最高だった。

僕は昔からちょっと気の強い女の子が大好きで、痴女プレイとかノッて来てくれる子なんか最高!

でもリアルでそんなこと言ったらドン引きされるので出会い系で相手を探すしかない。

 

出会い系アプリのプロフィールにある言葉を書くと女性からのメッセージが増える

 

基本的にサイトでは欲望を素直に出して、そんな俺の欲望に応えてくれそうな子からの反応を待つといったスタンス。

業者っぽいのも中にはあるけどだいたいわかるのでそういうのはスルーしてる。

マッサージするの大好き!ストレス溜まってる子や愚痴聞いて欲しい子は大歓迎!とプロフに書いてると定期的に女の子からメッセージが届きます。

 

当に愚痴だけ聞いて終わる場合や、顔が見たい!となって画像交換、その後待ち合わせに繋がる場合という感じ。

亜美ちゃんはサイトでメッセージくれてその日に亜美ちゃんからの提案でLINEに移行、25歳、埼玉県の某市で美容師をしているとこのと。

それからほぼ毎日お客さんやオーナーさんの愚痴を聞かされたw
でも俺としてはそれもプレイの一環みたいなもんなので楽しかった。

こっちの顔写真が見たいというので、俺だけ送るのは恥ずかしい!とダダをこねて、交換することを条件にお互いの初顔確認となった。

俺は特に加工もせず、その場で撮ったありのままの写メを送った。
亜美は多分snowかなんか使ってるっぽく、正直この時点では画像の可愛さへの信ぴょう性はあまりなかった。

でも上から下に向けて撮った写メからは、胸の谷間も写っており、かなりの巨乳であることが分かった!

これだけでも巨乳好きの俺にとってはかなり高ポイントだった。
LINEでのやり取りから半月くらいの頃、亜美ちゃんが急に仕事を辞めたいと言い出して、ストレスが限界だということだったので、

調査員
お酒飲んでカラオケでも行って発散しようよ

と会うことを提案。

 

出会えた彼女は白石麻衣似の巨乳美容師さん

 

彼女のお店が休みの水曜日、俺は有給休暇を取り、彼女の家の最寄り駅で待ち合わせすることになった。
提案は全部彼女からのもので、俺は全部言いなり(笑)。その方が色々と都合がいいし、あまり手ひどいことをするタイプにも思えなかった。

ただ気がかりは写真加工アプリを使ってるかどうかだった。以前スゴイカワイイ女の子からメッセージを貰って待ち合わせし、会いに行ったら全然別人だったことがあり、聞けばsnowで写真を加工していたとのことだった。

加工してても本人でしょ!と開き直られて気分悪かったのでその点だけ心配だった。
平日の昼間の駅にはあんまり人がいなくて、特徴を聞いていた、身長163cm、白のパンツに黒のニットの女性が歩いて来た。

写真で見たより大人っぽく、カワイイというよりキレイ系、芸能人で言うと白石麻衣は言い過ぎだけど多分彼女も自分で寄せてる感はあった。

亜美ちゃんは横に並ぶとヒールも履いてるので俺と変わらないくらいの身長に・・・。
そのまま腕を組まれて彼女の自宅マンションに連れていかれてしまった。
ちょっと怖かったけど、歩きながらいろんな話をしていいコそうだなと思った。

 

彼女へオイルマッサージをして愛撫する

彼女のワンルームマンションに着くと、疲れたからとマッサージをねだってきた。
しかも色々アロマオイルがあるから使って欲しいという要望付!
すでにそのつもりだったから、とご丁寧にリビングにマットを引いて、オイルも準備されていた。
亜美ちゃんはいつの間にか下着姿になってマットの上にうつ伏せに寝たので、適当なオイルを背中に垂らし、

調査員
「では行きますよー?」

と、最初は真面目に肩や腰なんかをマッサージしていた。
そのうちフリなのか本気かわからないけどね息を立て始めたのでじょじょにいたずらを開始。
脇の辺りをくすぐったり、きわどいパンティラインを責めてみたりした。
すると寝てたはずの亜美ちゃんが時々ぴくっと反応するのが分かった。

うつ伏せになってても亜美ちゃんのEカップはありそうな巨乳は潰れてブラの間からはみ出しているのでそこも念入りにマッサージ。

 

だんだん亜美ちゃんの息遣いが荒くなってきたので両足を開かせてみると、白いパンティの真ん中がぐっしょり濡れているのが分かった。白いパンツが濡れ濡れ

セックスするつもりがパイズリでイカされてしまった

 

パイズリ

 

これはもうイケるな、と確信し、大きくなってしまった俺のアソコにオイルを垂らして亜美ちゃんのお尻の割れ目のところにあてがって腰を振ってみた。

すると寝てたはずの亜美ちゃんが

女性
「こら!何してるの!!」
と起きて来た。
慌てて謝ると、

女性
「こんなに大きくして、ダメじゃない!」

と言いながらオイルでぬるぬるの俺のチンポをしごき始めた。

何回もイキそうになると止められて、太ももの隙間や胸の谷間でも擦ってくれて、結局はパイズリで出させてくれた。

膣コキでフィニッシュ

でもそれだけでは終わらず、亜美ちゃんは

女性
「自分だけイって悪い子ね!」
と言いながら今度は彼女の足の裏にオイルをたらし、
足コキをしてきました。イッたばっかなのにすぐにMAXまで勃起した俺は導かれるまま彼女のアソコに挿入!

数分後・・・

調査員
びゅるるるるる

 

それからは月に1回は彼女の自宅に通っています。

-出会い系サイト攻略
-, , , ,

Copyright© 出会い系サイト攻略オフパコ体験談 , 2019 All Rights Reserved.