ハッピーメール 出会い系サイト体験談

中年男性がグラドル級の女子とお台場でセックス

更新日:

出会い系は当たり外れがあるが、それが楽しみでもある

私は現在42歳の男性で、未婚です。世間で言うところのもうおっさんです。この年齢ではそれほど派手な遊びはできないのですが、それでもまだまだ遊びたいという気持ちが強く、時々こうして出会い系サイトで女の子を見つけています。

 

やはり私は風俗ではなく、出会い系サイトです。風俗であればお金さえ払えば、お手軽に女の子にサービスをしてもらえるのですが、ちょっと違うのです。私はやはり出会いから口説くまで、楽しみたいのです。風俗ですと、機械的というか、向こうはやはりお仕事として営業スマイルで接してくるので、何かが違うのです。その点、出会い系サイトはもちろんその分リスクもあります。全く出会えない日もあれば、そうとうなブスに出会うこともあります。しかし、そんな中で出会う美女や、エッチ好きな子や、変態な子など様々なお宝の子に出会えたときの感動は忘れられません。私自身が若返る感覚にもなりますので止められません。

 

ハッピーメールで見つけたグラビアアイドルのような女の子

そんな中、最近私が出会ったとびきり可愛い子との出会いを話したいと思います。それはいつものように出会い系で可愛い子を探していると、年上好きという子で写真もとびきり可愛い子がいました。大げさではなく、グラビアとかやってそうな可愛い子でした。もちろん写真なので、加工してるかなとは思いましたが、それを差し引いても可愛いと思える子で、私のタイプでした。年は21歳でしたので、法律的にも大丈夫。お父さんくらいの年齢が好きとのマニアックな子でした。早速連絡を取り、話しているとすんなり会ってくれることになりました。

 

ドライブに行きたいということで、急きょドライブに行くことになりました。もう夕方近くではありましたが、待ち合わせ場所も近かったので、すぐに着替えて迎えにいきました。私はこういう時のために、車はスポーツカーのオープンを持っているのです。中古ですが。そんな愛車の乗り込みお迎えに。現れた彼女は写真とほぼ相違ない可愛さを持つ美女でした。黒髪ロングで、小顔で色白。ミニスカートから伸びる足はめちゃくちゃ細くて折れてしまいそう。でもエロさを持ち合わせる子でした。早速車に乗り込み挨拶しながら、ドライブしてお話し。

彼女が出会い系に登録した理由は田舎から出てきてホームシックだったから

少しきちんと話したかったので、オープンにはしないで閉じて走りました。彼女は田舎から出てきて1年くらいで、ホームシックにかかっていて、寂しい毎日を過ごしているようで、出会いサイトに登録したようです。金欠でもあり、毎日たいした物も食べていないと。これはご飯目当てかと思いながらも、親心的なものも働いてしまったので、御馳走してあげようと思いました。そして、車でお台場まで行きました。道中も年が離れているにも関わらず話しは盛り上がり、楽しいひと時でした。エロというより純粋にデートを楽しんでる感じでした。

 

お台場のレストランからのホテル

そして、お台場のレストランで食事をして御馳走しました。そして、夜景の見える場所で座ってまた話していました。そして、手を繋ぎ、キス。こんなおっさんがこんな若くてかわいい子と。そう思うとドキドキして、若い頃の青春時代を思い出しました。そして、思い切ってホテルへ誘いだしました。答えはYES。その言葉だけで勃起しました。そして帰り途中のホテルへ入りました。先に私がシャワーを浴びて、そして彼女が浴びて出てきました。

中年男性がグラビアアイドル級の女の子とセックスした話

こういうシーンはそれなりに経験があるのですが、何回経験しても緊張します。出てきた彼女はとてもとてもキレイでした。もう私の理性は切れました。彼女に襲いかかりました。彼女の身体はとても細く今にも折れてしまいそうで、優しく抱きしめました。胸は小さ目ですが、とても色白でキレイでしかも感じやすくて、可愛い顔してとても好き者でした。軽く攻めただけで、あそこはビショビショ。たっぷりいじってあげました。可愛いけど、どんどん喘ぎはじめ変態の顔を見せ始めてきました。そして、私のいきり立ったものをしゃぶらせてあげました。若いくせに慣れてるのか、すごく上手で、これだけでイッテしまいそうでした。それほど気持ち良かったです。そして、挿入。きちんとゴムは付けて。激しくピストンしてあげました。彼女は乱れに乱れて、大きな声で感じていました。これは相性がいいぞと思い、これから調教していくこともできるなと思っています。

 

正常位からのお掃除フェラ

そして最後は正常位でフィニッシュ。そして、ゴムを外してお掃除フェラ。彼女は従順に丁寧にお掃除してくれます。これは相当のMだなと確信しました。そして、一緒にシャワーを浴びて、岐路に着きました。本当はそのまま泊まろうかという話しも出たのですが、お互い翌日が多忙のため、泣く泣く帰ることにしました。そして、彼女を家の前まで送ってバイバイです。最後にキスをしました。本当にまるで恋人同士のような関係でした。こんなおじさんに優しくしてくれる彼女は貴重な存在だなと思いました。おやじ好きな子というのは存在するのだなと、改めて出会い系サイトの魅力と素晴らしさを知りました。これだからやめられません。ちなみに、また今度彼女と会う予定で、もっとイジメてあげようと考えてます。

-ハッピーメール, 出会い系サイト体験談
-, , , ,

Copyright© 出会い系サイト完全攻略オフパコ体験談 , 2018 All Rights Reserved.