ハッピーメール 出会い系サイト体験談

札幌の巨乳淫乱人妻のアナルを

更新日:

出会い系サイトで知り合った札幌の人妻との不倫体験

札幌の巨乳淫乱人妻のアナルを

結婚して10年。子どもにも恵まれ平凡な暮らしだったが仕事場と家を行き来するだけ… 妻とは数年前からレス状態。
そんなとき会社の同僚に誘われて軽い気持ちで出会い系サイトを初めてみた。
サクラばかりだろうとなにも期待していなかったが しばらく見ていると1人目にとまる女性がいた。名前はひとみ。
自分と同じように数年前からレスの人妻だった。
何度かやりとりすると優しそうな雰囲気が伝わり会いたいと思うようになった。
ひとみはなかなか会うことを了承してくれなかったが 何度も口説いたおかげでやっと会うことになった。
平日の昼間 駅裏で待ち合わせた。
ひとみは30代半ばであったがもっと若く見えた。
白色の花柄のワンピースを見に纏い 一瞬で恋に落ちたような気持ちになった。こんな気持ち何年ぶりだろう…。

それから近くの喫茶店に入って軽くお茶をした。
家のこと、仕事のこと、夜の営みのこと…初めて会うのに初めてじゃないような感覚でとても話しやすかった。
もっと話したい。もっといっしょにいたい。触れてみたい…。
お互い不倫だが そんなの気にならなかった。
ひとみも同じ気持ちだったようで二人は目的地へ向かった。
こんな真昼間に来るなんて初めてだ。部屋を選びひとみの腰へ手を回しエレベーターに乗った。
とびらがしまった瞬間 ひとみの唇に自分の唇を重ねた。
ひとみは んっと声を漏らす…。

エレベーターのとびらが開き 手を繋ぎながら部屋へ向かう。なにも言葉を交わすことなくひたすら唇を重ねた。
何分キスをしただろう…妻とはこんなにキスをしたことがあっただろうか…。
ひとみのワンピースの裾へ手を伸ばした。
一瞬ピクッとひとみの体が動いたが抵抗はしない。
ひとみの色白の脚をゆっくり触る… ひとみの息が荒くなりさらに舌をからめてくる。
そのまま手を上へ伸ばし パンティの上から そーっと触ってみた。もうぐちょぐちょになるくらい湿っているではないか。
焦らすように 触るか触らないかの力加減で軽く撫でる。
ひとみは体を捩りながら あっ…ん…やめてっ…。
やめてもいいの? こんなになってるのに。本当は触って欲しいんじゃないの?ん?お願いしてごらん?と意地悪してみた。

ひとみは目をウルウルさせながら 俺の方を見上げ、お願い。もっと触って…とおねだりした。
その言葉を聞き 一気にパンティの中へ指を忍ばせた。
滴り落ちるくらい湿ったあそこは俺の指を締め付けるようだった。がまんできなくなり ひとみを抱き抱えベッドへ運ぶ。
ワンピースを脱がせ、ピンク色のレースのついたブラジャーを外す…胸があらわになり さらにドキッとした。
きれいなお椀型の乳にピンク色の乳首。
ひとみは両手で胸を隠したが 見せてごらん?と優しく下へ降ろすよう言った。
頬を赤らめながら 恥ずかしい…とひとみ。
なにもしていないのにすでに乳首は立っており 舐めてください。と言っているようだった。
こりこりの乳首を転がすように舐め、トロトロのおまんこも刺激する…
ひとみは目を閉じ 快感に溺れていた。
あっ…いや…んっっ… ダメダメ…出ちゃう…あーー…やめて。と潮を吹きながら逝った。
ピクピクしているひとみをもっといじめてやろうとそのまま刺激を続ける。声にならないような、悲鳴のようなひとみの声、ピクピクの痙攣がとまらない。やめて。やめて。と止めるようお願いしてくるが あーーいくいくっっと2回目の絶頂を迎えた。

おれのあそこももう限界だった。先からは我慢汁が溢れていた。それに気づいたひとみが指ですくいペロっと舐めた。
こんなきれいな女性とエッチをするなんていつぶりだろう…。
はぁはぁと息を整えるひとみに休ませるまもなく 一気におもいきり 挿入した。
ああん…と声をもらすひとみ。
奥までズボズボと刺激すると もっと激しくして…とおねだりし始めたではないか。
今度は四つん這いにさせバックでひとみを責める。
お尻の穴も黒ずんでおらず綺麗だった。
愛液を指につけアナルも刺激してみた。そっちの方は経験がなかったようで やめて、変な感じ…ぁん…んっ…と言われたがバックで責めつつアナルも攻め続けた。

するとまた あーー…イクっやめてーーーと3回目の絶頂。
また正常位に戻し さらに激しく刺激した。
ひとみのピンク色のおっぱいを鷲掴みにしながら 腰を振る…1分もしないうちにイキそうになった…
ひとみもまた一層大きな声で感じている…
あー…イクというと ひとみも 私もいきそう…と。
二人同時に果てた。

しばらくそのまま抱き合った。
あまりの興奮で気づかなかったが 避妊していなかったことに今更ハッとした。ひとみも気づいていないようだったが あそこを抜くとドロっとした感覚があったのか え?っと驚いた顔をした。
ごめん…と謝ったが ひとみは あなただけが悪いわけじゃないわと。 とても気持ちよかったし会えてよかったと言ってくれた。

その後も定期的に会い お互いの欲求を満たしている。

-ハッピーメール, 出会い系サイト体験談
-, ,

Copyright© 出会い系サイト完全攻略オフパコ体験談 , 2018 All Rights Reserved.